2018年6月28日木曜日 村田製作所(6981)株主総会訪問@株主総会土産後渡し(開会前入手可能)

2018年6月28日木曜日の株主総会巡りは、全部で二件の予定です。場所が大阪と京都なので順番に訪問していきます。一件目は、大阪の大阪城公園内にある大阪城ホールにて開催されたパナソニックの株主総会にしました。例年お土産を先渡しでいただける銘柄です。京都では、今回初参加となる村田製作所です。例年本社開催でしたが今回より京都駅ビルのホテルでの開催となりました。

村田製作所(6981)株主総会に訪問

2018年6月28日木曜日二件目の株主総会となりました。一件目のパナソニックは、大阪環状線の大阪城公園前が最寄り駅であり、受付開始が9時開始予定となっておりましたが早めに受付開始していたので早く移動することができました。環状線で大阪駅へ行き新快速にうまく接続できたため、

スムーズな移動となりね9時45分頃京都駅に到着いたしました。中央改札付近に他社の案内係りさんがいましたが村田製作所の案内係りさんがいませんでした。駅ビルのホテルが入っているため、案内看板でホテルの場所を確認してホテルに向かうため、エスカレーターに乗ろうとしたところで村田製作所の案内係りさんがいらっしゃいました。

ホテル内は、案内係りは、おらず、案内看板のみとなっていました。

会場となる三階に上がり受付で議決権行使書を渡して出席票を頂き中へ入りました。本会場手前にペットボトルのお茶とお水がおいてありました。

一つ気になることとして、一切挨拶がありませんでした。

京都自体がそうなのかもしれませんが朝のご挨拶なく、案内する言葉のみの株主総会は、初めてでした。

開会時刻の10時となり、社長のあいさつ、監査報告、事業報告がありました。

その後、議案の上程があり、10時30分に質疑応答の時間となりました。

 

Q:前期・前々期の主要事業(メトロ・発電)で減収となった要因は?

今期強めの増収の予定だけどコンデンサ等の値上げがあるのか?

(長々と5分以上話されて何を言いたいのか?よくわかりませんでした・・・)

A:円高を要因。メトロサーフの立ち上げが減益要因となったが今期は、各種手配を行っているし、他も順調であるので大丈夫かと・・・

今期発電商品については、中国の在庫調整が終わっているので伸びることもないが落ち込むこともないと考えている。台湾で一部商品を値上げしている。

 

Q:株価について昨年悪かった。今年良くなってきているが連結貸借対照表で自社株買いをやっていないようだが・・・。もっと株主還元を!!すぐに反映されるように!!!

A:剰余金については、配当を一番に!!今の成長に投資する必要はない。設備投資費がかかっている実情がある。お金の回転に必要な資金も必要である・・・。(自己株買いは、ないかな・・・)

 

Q:(株価について長々と熱弁していました。) 株価がなぜ上がらないのか?

A:株価を上げたいというのは、みんなの思いです。

 

Q:メトロサーフについての売り上げ目標一千億円は、難しいのでは? アメリカが高額関税をかけたら?

A:現在包括的に案内できていない部分があるが工場建設の中止についてはね他の工場で行っているので売り上げ目標については、変わらない。5Gが中国を中心に広がると考えている

貿易摩擦・戦争については、中国からの輸出が対象だが村田製作所としては、1パーセント程度の割合なので軽微と考えている。

 

Q:5Gにメトロサーフが必要だというがどれくらい売り上げ・利益に寄与するのか?

A:5Gについては、高い周波数については、代替え技術が無いと考えている。

 

Q:素晴らしい技術があるが権利関係・技術流失は大丈夫か?

A:技術漏えいは、危惧しており、各種セキュリティ対策・機密情報の漏えい対策をしている

 

Q:アメリカでは、借金をしても自社株買いをしているところもある。こちらは、設備投資をしっかりとされている。(応援演説でした・・・)

A:頑張ります!!

 

Q:株式分割についてどう考えているか?

A:株主数が7万人であり、他の状況からみても流動性がある。様々な状況を考慮して考えていく。(たぶんないですね)

所用があり途中ですが失礼させていただきました。

出席票と交換でお土産を頂き帰りました。

村田製作所(6981)株主総会土産 後渡し(開会前入手可能)

村田製作所(6981)の2018年株主総会のお土産は、後渡しですが開会前に入手可能であったと思われます。

大丸百貨店の包装紙に包まておりましたが中身は、今治タオルです。

フェイスタオル34センチ×80センチが2枚です。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

【株主総会土産あり】予想 村田製作所(6981)の2018年定時株主総会について

村田製作所(6981)は、電子部品大手であり世界トップのセラミックコンデンサーが主柱です。原料からのセラミック技術に強みがあります。

2018年6月4日月曜日に第82回定時株主総会の招集通知が届いておりました。例年京都の本社で行われており、情報が少なく、株主総会のお土産は、あるらしいという程度でしたが今年より京都駅ビルのホテルにて開催するとのことで初めて訪問してみたいと考えております。

村田製作所(6981)第82回定時株主総会開催要項

  • 日時 2018年6月28日木曜日10時より(9時受付開始)
  • 場所 ホテルグランヴィア京都 3階 源氏の間
  • 土産 記載はありませんがあるらしい・・・

過去の株主総会・お土産の様子

  • 初訪問

今期の業績及び今後について

今期業績についてはまず、エレクトロニクス市場において、スマートフォン向けが中国市場で出荷台数が減少しているものの上位機種を中心に高機能化による1台当たりの部品数の増加が堅調に推移しています。さらにカーエレクトロニクス向けで自動車の環境対応や安全性の向上により、電装品の搭載数が飛躍的に増加し、部品需要が大幅に拡大しました。
このように伸びる市場に注力し、当期の売上高は、2017年9月1日にソニーから取得が完了したリチウムイオン二次電池事業が加わったことや、為替変動(前期比2円44銭の円安)の影響もあり、前期比20.8パーセント増の1,371,842百万円となりました。
利益については、原価低減の取り組みと新製品の継続的な投入を推し進めましたが、技術難度の高い新製品の立ち上げの遅れに伴う製造費用の増加や、新製品の生産拡大に係る建物及び生産設備を中心とした減価償却費や、投資関連費用の増加などの減益要因により、営業利益は前期比19.4パーセント減の162,146百万円、税引前当期純利益は同16.3パーセント減の167,801百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同6.4パーセント減の146,086百万円となりました。

来期は、売上高を14.8パーセント増の1兆5750億円と見込んでおり、営業利益は、48パーセント増の2400億円、親会社株主に帰属する純利益が23.2パーセント増の1800億円を見込んでいます。ある程度順調に推移すれば配当金の方も増配を予定しており、通期260円配当ですが来期20円増配の280円を見込んでいます。一応連続増配もしていて配当性向も30パーセント台という感じなので見込み通りと思っています。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。