2018年8月権利確定分の株主優待券が続々と届いています。

11月に入り、2018年8月分の権利確定銘柄の株主優待券が続々と到着しております。9月分の権利確定銘柄も若干届き始めております。特に12月は、年末ということで12月初めになると9月分が届き始めますが早めに行動したい企業さんは、もう送ってきます。11月前半戦ということで3銘柄の株主優待をご紹介していきます。

 

ソーバル(2186)よりクオカード

2018年11月7日水曜日付で中間配当金計算書と共に株主優待のクオカードが同封されていました。購入時は、100株でその後株式分割が行われ現在200株ですが優待は、100株から1000株未満が一律500円分のクオカードとなっております。オリジナルではなく市販品のクオカードでした。

 

人気銘柄 吉野家ホールディングス(9861)よりお食事券3000円分

2018年11月8日木曜日に吉野家ホールディングス(9861)より中間配当金計算書とともに株主優待のお食事券が届きました。近くに店舗が無い方は、2018年11月30日までに送り返すと吉野家の詰合せを頂けます。返信用の封筒なども入っていますが切手は、無いです。

株主優待のお食事券300円券×10枚は、いつも通りですが有効期限は、約1年後の2018年11月30日までとなります。年に2回いただけ、一年の有効期限である為、余裕をもって利用することが出来ます。

吉野家ホールディングスの飲食店となる為、吉野家は、もちろん。はなまるうどん、ステーキのどん、フォルクス、どん亭、京樽、海鮮三崎港、すし三崎丸などでも利用できます。

定番の吉野家の他、ステーキのどんも近くに店舗があり利用させて頂いています。優待券が300単位であるため、300の倍数のものを頂きたくなる株主どくどくの心理がありますが、Tポイントも利用できるため、いつも端数は、現金ではなく、ウエルシアの株主優待で頂くTポイントを利用して現金0円でお食事を頂いています。

なるべく300の倍数に近いものを選ぶのでステーキのどんでは、ハンバーグかチキンが多いですね。ステーキが良ければ900円か1200円で!!

 

ANAホールディングス(9202)より株主優待券

2018年11月10日土曜日にANAホールディングス(9202)株主優待券が届きました。人気銘柄の一つであり、金券ショップでもある程度の金額で買い取ってくれます。国内線の運賃規則が変更となり、それに合わせる形に現在なっておりますが、以前は、国内線普通運賃の半額というものでした。現在もその程度の金額で乗れます。事前に予約して旅行に行くようなケースでは、お得な運賃がいっぱいあると思いますが、明日行くことになったとか、予定がはっきりとしないので予約の変更が出来るチケットとか、そのようなニーズで株主優待券が魅力的となります。最終的な金額として株主優待券を買ってでも予約した方が無いより安くなるという仕組みですね。東京大阪路線ぐらいでは、メリットが無いので金券ショップに売ってしまっています。2500円から4000円程度で買い取ってくれます。販売価格自体が変動して3000円ぐらいの時もありますし、5000円ぐらいの時もありますのでね

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

2月末決算銘柄 配当金・配当利回りの状況

2月末決算銘柄の株主総会が終わり、配当金支払通知書が届いております。株主優待券を同封している銘柄については、既にアップしている通りですが配当金だけのところについては、一括してご紹介いたします。

スタジオアリス(2305)期末配当金について

  • 期末配当金:50円
  • 年間配当金:50円
  • 現在の株価:2500円
  • 配当利回り:2.0パーセント
  • 配当性向:49.7パーセント
  • 1単元の株主優待額:2000円(金券ショップでの買取価格より推定)
  • 総合(配当+優待)利回り:2.8パーセント

今回は、決算月変更に伴い14か月間であり、閑散期である1月2月を含んでいるため最終的な親会社株主に帰属する当期純利益が低くなっています。12か月間で見ると概ね前年並み、株主優待の撮影券の評価額をどう考えるかが微妙ですがまぁまぁの利回りではないでしょうか。今後については、来期は、据え置きとなる見込みですが順調に業績を上げていけば2年後ぐらいに5円程度増配出来るかもしれません・・・

※配当性向としては、1/3 33.3パーセント程度としています。今回は、閑散期である1月2月を加えたため、売り上げが少なく一般管理費が多いため利益を下げ、配当性向が50パーセント程度となっておりますが来期は、正常な範囲になるものと思われます。

 

タカキュー(8166)期末配当金について

  • 期末配当金:3円
  • 年間配当金:3円
  • 現在の株価:210円
  • 配当利回り:1.4パーセント
  • 配当性向:143パーセント

イオンが株式の33.23パーセント保有しており、イオンの準子会社的なものですね。親会社株主に帰属する当期純利益が少なかったことにより配当を維持いたしましたが配当性向が100パーセントを超えることになりました。

 

吉野家ホールディングス(9861)期末配当金について

  • 期末配当金:10円
  • 年間配当金:20円
  • 現在の株価:2100円
  • 配当利回り:0.9パーセント
  • 配当性向:43.2パーセント
  • 1単元の株主優待額:6000円
  • 総合(配当+優待)利回り:3.8パーセント

まず、株主優待券については、株主総会招集通知とともに送られてきています。配当利回りが0.9パーセントと低めではありますが株主優待で1単元6000円ほどいただけ配当利回りと優待利回りを合わせた総合利回りとして3.8パーセントとなっているので高利回り銘柄と考えています。配当は、横ばいで株主優待もこのままと思いますが維持されれば十分と考えています。

 

ソーバル(2186)期末配当金について

  • 期末配当金:12.50円
  • 年間配当金:24.50円
  • 現在の株価:1200円
  • 配当利回り:2.0パーセント
  • 配当性向:47.1パーセント
  • 1単元の株主優待額:500円
  • 総合(配当+優待)利回り:2.4パーセント

まず、数字だけを見ると標準的と思われますが2017年9月に株式分割を行っております。分割前より保有している人の場合は。配当利回りで5パーセント程度となっています。高利回りですね。株主優待については、ほんの感謝の気持ち程度となります。

 

ベルク(9974)期末配当金について

  • 期末配当金:36円
  • 年間配当金:68円
  • 現在の株価:5800円
  • 配当利回り:1.1パーセント
  • 配当性向:20.7パーセント
  • 1単元の株主優待額:1000円
  • 総合(配当+優待)利回り:1.3パーセント

株主優待は、ありますが定時株主総会の招集通知と共に届いておりました。営業成績としては、悪くないです。着実に成長・拡大しています。ただ、利回りが1パーセントちょっとと低めなんですね。実は、既に利確しています。利回りが低く株価が上がった為、これからも上がると思いましたが利回りの低さと利益と単価を考慮して利益確定売りで決済してしまっています。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。