ユニゾホールディングス(3258)平成31年3月期決算発表

2019年4月26日15時00分に発表された『ユニゾホールディングス(3258)』の平成31年3月期決算の状況をお伝えいたします。ビジネスホテルも展開しており、昨今の訪日客増加に伴う影響で業績も好調な企業です。ただ、そのピークに来ている感じもあり、今後低迷していく可能性があります。株主優待も改悪気味です・・・

ユニゾホールディングス(3258)平成31年3月期決算(本決算)概要

今期連結会計年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)の連結業績は、
売上高は560億53百万円(前連結会計年度比6.8%増)
営業利益は176億22百万円(前連結会計年度比0.3%増)
経常利益は117億96百万円(前連結会計年度比2.6%増)
親会社株主に帰属する当期純利益119億円03百万円(前連結会計年度比40.2%増)
となりました。

国内の賃貸オフィスビル市場において、東京都心5区の空室率が当期中に2%を下回る水準まで低下し、賃料も東京都心を中心に上昇が継続するなど、市場は徐々にピークに近づいている模様。国内のホテル業界においては、訪日外国人宿泊者数の増加ペースがやや減速し、また、日本人宿泊者数が減少傾向にあります。一方、客室供給面では高水準のホテル新増設が続いています。

キャピタルリサイクリングに伴い、不動産(国内)16物件、不動産(海外)4物件、ホテル2物件を売却したことによる固定資産売却損益を計上したこと等もあり、親会社株主に帰属する当期純利益が上がっています。

配当金は、5円増配

配当金は、年間85円配当となりました。昨年より5円増配です。
配当性向は、今期23.8パーセント 純資産配当率は、2.7パーセントとなっています。

来期は、年間85円配当の見込みです。とりあえず据え置きということですが、減収減益の見込みとなっているため、据え置ければいいという程度とおもいます。

今後の見通し

来期令和2年3月期(2020年3月期)の連結業績は、
売上高453億00百万円(前連結会計年度比19.2%減)
営業利益135億00百万円(前連結会計年度比23.4%減)
経常利益88億00百万円(前連結会計年度比25.4%減)を見込んでいます。
親会社株主に帰属する当期純利益については、公開しておりません。
物件売却価格は、不動産市況に大きく影響を受けることから、現時点では特別損益の予測が困難であるため、親会社株主に帰属する当期純利益及び1株当たり当期純利益の予想は開示しておりません。予想が可能となった時点で速やかに開示いたします。とのコメントが出ています。

株主総会と株主総会土産

株主総会の開催予定は、2019年6月18日火曜日となっています。開催場所は、例年、水天宮のロイヤルパークホテルです。お土産は、『廃止済み』です。

過去の株主総会の様子&株主総会お土産情報

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム

【連続増配】ユニゾホールディングス(3258)の2018年株主優待と期末配当金について

ユニゾホールディングス(3258)より2018年6月22日金曜日に定時株主総会の決議の案内と共に、期末配当金計算書と株主優待が届いておりました。以前、株主総会のお土産があったのですが現在は、廃止されている銘柄です。現在株価は、下降傾向にあり、高配当利回り銘柄となっています。財務健全性が低いものの順調に利益を出している企業です。

ユニゾホールディングス(3258)の配当金及び配当利回りについて

株主総会決議の案内と共に期末配当金計算書が入っていました。

  • 期末配当金:40円(普通配当40円)
  • 年間配当金:80円(中間普通配当40円 期末普通配当40円)
  • 現在の株価:2000円
  • 配当利回り:4.0パーセント
  • 配当性向:25.5パーセント
  • 株主優待:3000円+利用券3000円×5枚(1年未満)
  • 優待利回り:1.5パーセント(3000円分のUCギフトカードのみ)
  • 総合利回り:5.5パーセント

今のところ毎年、増配している銘柄です。配当利回りは、4.0パーセントと高めですが配当性向としては、25.5パーセントなので高くはありません。現在株価が下降気味の為に、相対的に配当利回りが上がっているという感じです。残務健全性の評価が低めとなっており、株主優待をメインと考えていても株価が下降している現在は、買いの判断を少々見極めた方がいいでしょう。以前は、2500円から3000円程度で推移すると思っていましたが2500円を割り込んでいます。

ユニゾホールディングス(3258)の株主優待について

株主総会決議の案内と一緒に株主優待のギフトカードと株主優待利用券が入っていました。優待は、年に1回の実施となっています。

まず、メインとなる、UCギフトカード3000円分です。利用の範囲が広いので便利でいいですよね。これだけで優待利回りが1.5パーセント程度となっています。

そして、ホテル事業等を行っており、ホテルやゴルフ場で利用できる株主優待利用券です。1枚3000円の割引を受けられます。

直接ホテルに予約してということになりますが特段の割引セールが無い限りホテル予約専門サイトと同額程度なのでビジネスホテルとなりますが利用する時には、お得になるでしょう。1枚3000円の割引をフルに使うと5枚なので15000円の割引となります。優待利回りは、7.5パーセントです。総合利回りとしては、最大で13パーセントということになります。驚異の高利回り銘柄ですね。

ホテルは、ビジネスホテルなので高いサービス等はありませんので好みが分かれるかと思いますが安ければ1泊6000円程度なのでそこから3000円を引いてくれます。

有効期限は、2018年7月1日より1年後の2019年6月30日までとなります。

ゴルフ場の割引もできますが平日のみとなっていますのでご注意ください。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム