▼株主総会土産廃止宣言▼高利回り銘柄スズデン(7480)の2018年定時株主総会について&株主優待について

スズデン(7480)は、FA用制御機器が主力の技術商社でありオムロン代理店のでもあります。業績は、好調であり、右肩上がりの企業であり、配当利回りは、3パーセントで株主優待のクオカードも加えると高利回りとなります。

2018年6月13日水曜日に定時株主総会の招集通知が届いており、開催要項としては、例年通りです。また、株主優待のクオカードと期末配当金計算書も同封されていました。長期優待も行っており、今年から500円相当だったクオカードが2000円相当となりました。

スズデン(7480)第66回定時株主総会開催要項

  • 日時 2018年6月27日水曜日10時より(9時受付開始)
  • 場所 本社会議室(御茶ノ水駅近く)
  • 土産 取り止め宣言中

過去の株主総会・お土産の様子

  • なし

今期の業績及び今後について

今期の業績について、「もの造りサポーティングカンパニー」として、顧客ニーズに直結した営業活動と業務改善の推進による品質の更なる向上、商品安定供給のための在庫拡充等の取り組みを継続しているそうです。成長市場への取り組みとして、IoT関連市場・メディカル市場への注力に加え、オートモティブ営業部を中心として自動車業界の深耕を図っています。更に、ロボット販売営業所を新設しロボット関連商材の営業力強化を行うとともに、コンポーネンツ浜松営業所を開設し、中部マーケットの開拓を推し進めています。
以上の取り組みにより収益の確保に努めた結果、当連結会計年度の売上高は497億82百万円(前期比18.9パーセント増)、営業利益は17億35百万円(前期比71.3パーセント増)、経常利益は20億5百万円(前期比59.2パーセント増)、親会社株主に帰属する当期純利益は13億9百万円(前期比63.5パーセント増)と前期に比べ増収増益となりました。

今後ですが、売上高は517億円で前期比3.9パーセント増、営業利益は17億円で前期比0.8パーセント増、経常利益は20億円で前期比3.7パーセント増、親会社株主に帰属する当期純利益が13億円で前期比3.1パーセント増となる見込みです。

株主優待について

定時株主総会の招集通知とともに株主優待が入っていました。1単元100株以上で一律500円相当のクオカードとなりますが長期優待を行っており3年以上(3年を超える保有の確認は、中間期・期末期株主名簿に「同一株主番号として、7回以上連続で記載」された株主と定義)の株主には、2000円相当のクオカードがいただけます。

配当金及び利回りについて

株主総会招集通知と共に期末配当金が届いております。

  • 期末配当金:48円(普通配当38円 記念配当10円)
  • 年間配当金:58円(中間普通配当10円 期末普通配当38円 記念配当10円)
  • 現在の株価:1650円
  • 配当利回り:3.5パーセント
  • 配当性向:61.3パーセント
  • 株主優待:2000円(3年以上の長期優待)
  • 総合利回り:4.7パーセント

配当性向は、ちょっと高めですが記念配当という点を考慮すれば問題はないかとおもいます。、配当性向を50%とした場合の配当総額と純資産配当率(DOE)を3%とした場合の配当総額のうち、いずれか高い値を配当総額の基準としていて、来期記念配当がないため、来期50円配当、配当性向51.3パーセントの見込みとなっています。減配ということになりますが記念配当があったことを考慮すると増配ということになりますね

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

▼株主総会土産廃止宣言▼スズデン(7480)より定時株主総会の招集通知&株主優待クオカードが届きました

2017年6月9日付でスズデン(7480)より定時株主総会の招集通知が届きました。
今年の株主総会開催要項としては、2017年6月23日金曜日10時より本社会議室にて開催されます。
以前は近くのホテルでしたが今年より会議室に変更・・・。
株主総会土産については【廃止】と明記がありました。
会場変更の理由は、お土産を廃止して出席者の数が少なくなり、本社会議室のキャパシティーに収まるだろうということかな
今期の業績は、売上高が418億円で前期比6.8%増、営業利益が10億円で前期比1.6%増、経常利益が12億円で前期比3.7%増、親会社株主に帰属する当期純利益が8億円で前期比8.5%となり、増収増益という結果でした。
前連結会計年度(2016年3月期)において、受注損失引当金を計上しており、売上高や各利益が少なくなってすましたがそれをそれを考慮せず前会計年度との比較をしても増収増益となっております。
財務健全性については、やや高めの評価となっています。自己資本比率が60%で有利子負債が22億円に対して利益剰余金が131億円ほどあります。
ただし、今期、営業活動によるキャッシュフローはマイナスです。
今後の見通しですが、現在回復基調という感じあり、株価も上昇中ということで少なくとも今売ることはない。長期的に見ると株価1200円付近を抜けるかがポイントかも・・・大きく抜けたら買い増しもありですね
株主優待のクオカード1000円も同封されていました。
例年通りです。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。