【高総合利回り】近鉄グループホールディングス(9041)の2018年株主優待と期末配当金について

近鉄グループホールディングス(9041)より2018年6月23日土曜日に定時株主総会の決議の案内と共に、期末配当金計算書と株主優待が届いておりました。定時株主総会では、今までお土産の配布がありましたが今年より廃止しています。株主総会には、例年タイミングが悪く出席が出来ていません。

近鉄は、関西の私鉄で大阪から京都・奈良・三重方面で名古屋を結んでいます。伊勢志摩サミットの効果も当時は、享受していましたね。

近鉄グループホールディングス(9041)の配当金及び配当利回りについて

株主総会決議の案内と共に期末配当金計算書が入っていました。

  • 期末配当金:50円(普通配当50円)
  • 年間配当金:50円(期末普通配当50円)
  • 現在の株価:4300円
  • 配当利回り:1.1パーセント
  • 配当性向:32.1パーセント
  • 株主優待:12000円相当(金券ショップ売却参考 1枚1500円と定義)
  • 優待利回り:2.7パーセント
  • 総合利回り:3.9パーセント

配当性向は、30パーセント程度を目安としていますがずっと横ばいで50円配当です。今後も少なくとも数年は、このまま配当は、横ばいと思います。鉄道事業としては、概ね成長済みという感じですが、新型車両等の導入で多少は、伸びるかもしれませんね。ただ、大人気となっても全体から占める割合的なもので考えるとどうしても微々たるものかもしれません。

近鉄グループホールディングス(9041)の株主優待について

 

株主総会決議の案内と一緒に株主優待の全線乗車券が入っていました。年二回優待を実施しております。

100株保有で近鉄の全線乗車券4枚いただけます。現在この全線乗車券が人気となっており、金券ショップでは、以前1200円前後だったものが現在1500円前後になっています。運が良ければ1800円ぐらいになっています。1枚当たりなので1回4枚ということで250円変われば1000円変わります。大阪から名古屋までの乗車券として利用すれば2360円分となります。大阪から三重方面に近鉄で移動される場合のニーズがあります。

株主優待は、年2回であり年間8枚の全線乗車券を頂けます。金券ショップの実店舗の場合、大阪・なんば周辺や名古屋・京都駅周辺で売買がありますが東京でも売買されています。特に帰省の時期については、名古屋や京都に移動する前に確保しておきたいというニーズありますのでね。東京の方が多少安く売買されているかもしれませんが利回りとして十分に確保が出来ます。

有効期限は、2018年12月末までとなります。
実は、この期限もポイントです。お正月に帰省する場合は、年末に行き、年始に帰ります。なので新しい金券も出回るけど数が少ないこともあり、新しいものは、少し高めだったりします。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

▼株主総会土産廃止宣言▼近鉄グループホールディングス(9041)の2018年定時株主総会について

近鉄グループホールディングス(9041)は、関西圏の大手私鉄で大阪と京都・奈良・名古屋を結んでいます。営業キロ数で国内最大の私鉄となり、鉄道以外にも百貨店や不動産、ホテルなどの事業を多角的に展開しています。伊勢志摩サミットで少し話題になったりもしましたね。現在訪日外国人“個人”客の増加の影響の実は、株主優待乗車券が高値で売買されています。ツアー客の場合は、ツアー会社がすべて手配いたしますが個人客は、現地でチケットを購入します。もともと日本人についても時間に余裕がある方は、新幹線等よりも近鉄で名古屋大阪間を移動しており、ある程度需要のあったもので、全線乗車券が1枚1300円程度で買い取り、1500円程度で販売されていましたが現在1500円以上で買い取り、2000円程度で販売となっています。1回4枚いただけ、年二回あり、1枚1500円とすると8枚で12000円となります。配当利回りは、1.2パーセント前後となりますが総合利回りだと3.7パーセント前後となり意外と高利回り銘柄となります。しかも、東京でも株主優待券を売却することが出来るものメリットが大きいです。株価は、多少変動するものの4100円から4400円を上下しています。

近鉄グループホールディングス(9041)第107回定時株主総会開催要項

  • 日時 2018年6月22日金曜日10時より(受付開始時刻明記無し)
  • 場所 シェラトン都ホテル大阪 4回浪速の間
  • 土産 ▼2018年よりお土産取り止め宣言中▼

過去の株主総会・お土産の様子

  • 訪問無し

今期の業績及び今後について

今期の業績について、連結営業収益は、前期に比較して1.5パーセント増の1兆2,227億79百万円となりましたが、営業利益は運輸業における減価償却費の増加等により0.3パーセント減の646億43百万円となり、また、経常利益は持分法適用関連会社の増
益等により8.2パーセント増の613億23百万円となりました。これに特別利益および特別損失を加減し、法人税等を控除した後の親会社株主に帰属する当期純利益は、前期に比較して12.8パーセント増の296億14百万円となりました。

来期の営業収益は、ホテル・レジャー業で、ホテル部門において「ウェスティン都ホテル京都」の耐震リニューアル工事や「沖縄都ホテル」の売却等による減収を見込むものの、旅行部門ではクラブツーリズムや近畿日本ツーリストの団体旅行部門の増収を見込むほか、不動産業で、マンション販売戸数の増加を見込んでおり、営業収益全体では、前期に比較し1.4パーセント、172億20百万円増収の1兆2,400億円を予想。

営業利益は、ホテル・レジャー業で、ホテル部門において既存ホテルの改装費用や新規ホテルの開業費用が発生するものの、不動産業で増収により増益となるほか、運輸業において、鉄軌道部門で退職給付に係る数理計算上の差異の費用処理額や修繕費の減少等が見込まれ、営業利益全体では前期に比較して0.6パーセント、3億56百万円増益の650億円を見込み。

経常利益は、営業外収益が減少のため、前期に比較して0.5パーセント、3億23百万円減益の610億円となる見込みですが、親会社株主に帰属する当期純利益は、特別損失で、前期に多額の減損損失を計上したため、前期に比較して8.1パーセント、23億85百万円増益の320億円を予想となっています。

既に大企業となっているため、大きく事業拡大を見込むことは、ありません。このまま少しでいいので着実に数パーセントでいいので拡大して頂ければ十分と考えています。有利子負債が財務健全性が低いのですが鉄道事業者であり、遠方の地域は、高架化もしていない為、線路の用地を他に運用できないでいます。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。