三光マーケティングフーズ(2762)より中間株主優待到着。経営は、赤字!!

2018年3月12日月曜日付けで三光マーケティングフーズ(2762)中間配当金計算書と中間株主優待お食事券と第42期上半期報告書が届きました。

中間配当金について

今期中間配当金は、8円でした。年間は、16円の予定です。ここずっと毎回8円配当です。まぁ2016年は、黒字でしたが他の年は、赤字でしたのでまぁ仕方がないですね。

年間配当利回りは、1.5パーセント程度です。

中間株主優待について

株主優待は、年2回となっています。100株保有者には、1回に1000円券を3枚。年間6000円分の株主優待券を頂くことが出来ます。配当金が低いのですが優待の分の利回りを考えると高利回りとなります。また、200株保有者には、1回に1000円券を6枚。年間12000円分いただけます。500株保有者は、年間24000円分の優待券を頂けます。優待利回りとしては、200株保有していると効率的となります。

近くに店舗がない方は、お米と交換することが可能です。

いつもなんですが4月1日より翌年3月31日までとなっています。3月中旬に届きますが届いてもすぐには、使えません。

精米とも変えられると書きましたが少々不思議で3枚で1キロ 6枚で3キロですが12枚で5キロとなります。送料や手間などの事を考えてもお米の量として6枚を2回に分けて送ると6キロいただけますのでお得となるでしょう。もしかすると銘柄も違うかもしれませんが・・・量は、多くなります。

第42期上半期報告書の内容について

上半期も苦戦続きの赤字です。今期上半期の状況ですが売上高64億円で前期比4.5パーセント減、営業利益1.79億円の損失、経常利益1.56億円の損失、親会社株主に帰属する純利損失については、6.95億円の損失となりました。昨年に引き続きの損失・赤字です。

今後の見込みですが今期については、上半期に続き下半期も苦戦して純損失のとなるかと・・・。焦点は、苦戦がいつまで続くのか?ということですが19年の決算については、黒字になる見込みですが根拠に乏しいため、下方修正される可能性があります。

苦戦続きで赤字を出している企業ですが財務健全性は、比較的良い方で有利子負債が0です。まぁ赤字だから借金ができないとも言えますが・・・。自己資本比率が72パーセント程度で利益剰余金が25億円ほどあります。営業キャッシュフローは2億円で投資キャッシュフローがマイナス6億円ほど。財務キャッシュフローは、マイナス2億円ほどです。

株価は900円から950円を行ったり来たりでしたがここ最近は1000円ぐらいまで緩やかに上がったりしています。全体的な影響と思います。

2016年6月末決算で黒字となり、回復したかと思われましたが翌年赤字という結果でしたので見込み通り2019年6月末に黒字となっても安心はできないでしょう。数年続けて黒字になったら業績回復と考えることが出来、株価も上がるでしょうがそれまでは、少々心配ですね。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

2017年株主総会土産あり!!三光マーケティングフーズ(2762)より定時株主総会招集通知が届きました。

昨日2017年9月7日木曜日に三光マーケティングフーズ(2762)より2017年定時株主総会招集通知が届いていました。
三光マーケティングフーズ(2762)第41期定時株主総会の開催概要
日時:2017年9月21日水曜日10時 
受付開始時間:9時
開催場所:【東京】ハイアットリージェンシー東京
最寄り駅:新宿駅
お土産についての記載:あり
株主総会土産の有無の予想:あり
お土産を頂けるタイミング:先渡しor後渡し
株主懇談会についての記載:なし
株主懇談会実施予想:なし
過去の内容は、【レトルトカレー5食】とか【パスタソース3種】
議決権行使書の枚数にかかわらず一人1個との注意書きも・・・
今期の業績は、売上高134億円で前期比2.2%減、営業利益2300万円で前期比91%減、経常利益4200万円で前期比86%減、最終的な親会社株主に帰属する当期純利益はなく、2.9億円の純損失となりました。
なお来期の予想ですが売上高250億円、営業利益1.5億円、経常利益1.8億円ですが純損失1億円を予定しています。
外食産業全体的ですが物流費の増加、人材採用難、人件費上昇などの諸問題がある中で値段は据え置き・・・。ようやく値上げの動きもチラホラという状態・・・
三光マーケティングフーズ(2762)の他社と異なるのが財務健全性です。有利子負債はなし、自己資本比率は70%という状態、負債合計よりも流動資産の多くなっています。
利益剰余金は約29億円でから純損失があっても十分賄える状態ではあります。
しかし、赤字続きでは将来については、心配ですよね
結果が出るのは2年ぐらいは先です。その間耐えることはできるでしょうが・・・

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。