内外トランスライン(9384)平成30年12月期決算発表【連続増配】


12月決算銘柄の本決算発表が始まりました。2019年2月8日に発表された『内外トランスライン(9384))』の平成30年12月期決算の状況をお伝えいたします。

 

内外トランスライン(9384)平成30年12月期決算(本決算)概要

今期連結会計年度(平成30年1月1日~平成30年12月31日)の連結業績は、
連結売上高は23,254百万円(前連結会計年度比7.1%増)
営業利益は1,616百万円(前連結会計年度比7.8%増)
経常利益は1,656百万円(前連結会計年度比4.3%増)
親会社株主に帰属する当期純利益1,146百万円(前連結会計年度比3.8%減)
となりました。

前回の第三四半期決算の時から売り上げは、良いのですが親会社株主に帰属する純利益については、前年比より減少傾向があり、業績予想は、増加に転じる予想としていましたが個人的には、横ばいか減少と予想していましたがその通りという結果でした。

 

配当金は、今期増配。来期は、横ばい?の予定 ただし連続増配も期待できる!!

配当の目安に関しては、配当性向25~30パーセント程度となっています。12月の時点で期末配当を2円増配を発表しており、そのまま中間配当16円、期末配当は18円(2円増配後)となっております。年間配当金は34円です。

来期の配当は、中間配当17円、期末配当17円の年間配当34円を予定しています。今期同額となります。ただ、なんだかんだで連続増配銘柄でありますので今後に期待も持てます。12月になって発表するかも・・・・。業績的に今期並みであれば増配の余地ありって感じですね。

 

今後の見通し

来期平成31年12月期(2019年12月期)の連結業績は、
売上高24,500百万円(前連結会計年度比5.4%増)
営業利益1,750百万円(前連結会計年度比8.2%増)
経常利益1,790百万円(前連結会計年度比8.0%増)
親会社株主に帰属する当期純利益1,220百万円(前連結会計年度比6.4%増)
を見込んでおります。

どうしても米中の貿易摩擦や我が国貿易において、順調に増加していた輸出金額の対前年伸長率が、2018年下期に入り急激に低下するなど懸念材料がありますが増加せずとも前年比並みで良しとしたいと考えています。

 

株主総会と株主総会土産

株主総会の開催予定は、2019年3月26日火曜日となっています。開催場所は、例年、大阪のヴィアーレ大阪です。お土産は、2018年より廃止となっております。2017年までは、オリジナル品(タオル・文具など)とお菓子でした。

株主優待の案内は、株主総会後の決議の案内と共に送られてきます。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です