2019年3月26日ヒューチャー(4722)株主総会訪問@株主総会土産先渡しだけど後日宅配


2019年3月の株主総会開催銘柄のうち株主総会土産があるのが3社となります。3月26日火曜日と27日水曜日の2日間に分かれました。いろいろな予定を調整して26日は、東京で2社、27日は、大阪で1社となりました。

2019年3月の株主総会お土産ありの銘柄

  • 不二家(2211)
  • ヒューチャー(4722)
  • フジオフードシステム(2752)

2019年3月26日火曜日開催【ヒューチャー(4722)】定時株主総会出席 お土産先渡し だけど 後日宅配

株主総会招集通知にも記載があり、例年お土産を配布している銘柄で有名です。例年通りの品が例年通りの方法で頂けることを期待して・・・・。

この日は、2件あった為、2件目がヒューチャーとなりました。場所は、ウェスティンホテルで最寄り駅は、恵比寿駅となります。

恵比寿駅の方には、他社の案内係さんは、いましたが例年通りヒューチャーの案内係さんは、いらっしゃいません。駅からは、恵比寿ガーデンプレイス方面の動く歩道で行けば、迷う事は、ありません。

天気が良ければ外を歩いてもいいですが、雨が降っている時は、地下一階に下りればそのままホテルまでつながっています。

株主総会の会場は、地下二階となっています。

議決権行使書を渡すと出席票と封筒が渡されます。ちなみに席に着くとコーヒーを入れてくれまする

封筒の中は、株主総会終了後に行う経営近況報告会の資料と佐川急便の伝票です。

この伝票に希望の送り先を記入するとお土産を送ってくれるという仕組みです。佐川急便との関係もあるので・・・

株主総会の方は、10時開会で滞りなく11時前に開会となりました。例年通りです。

ヒューチャー(4722)の2019年株主総会土産

ヒューチャーのお土産は、自社関連商品となります。後日佐川急便と宅配となっていましたが2019年4月3日水曜日に届きました。

【こめかん 6個セット】です。値段は3500円から4000円程度だったかと思います。

俺の米 (コシヒカリ/阿賀野市)
ミネラルや有機肥料を活用した、どんな気候にも負けないこだわりの土から作られたお米。
大きな米粒を揃えるよう手間ひまをかけ、「香り、つや、甘味のバランスが良く、冷めても味がしっかりとしている。」との定評がある。
口当たりがよく、甘味豊かなコシヒカリ。

片野 (コシヒカリ/新潟市南区)
刈り入れの時期も重視し、鮮度にとことんこだわったお米。
みずみずしさを出すために深水栽培にこだわり、土作りは有機肥料やミネラル・アミノ酸などを使用し、自然の力を重視。
稲本来の成長にあわせて作るお米は、豊かな香りが特徴。

元気の出るお米(コシヒカリ/三条市)
微生物を活用し、豊かな土壌を作り育てる天緑(てんろく)農法で作られたお米。
大きな水害にも負けなかった強い稲は、一般農法の稲と比べ、背丈も茎も一回り大きいのが特徴。
三条市を流れる五十嵐川の軟水で栽培されたお米は、軟水で研ぎ、軟水で炊くのがお薦め。

カレーにあうこめかん(華麗舞/妙高市)
カレーライスのおいしさを追究し生まれた、カレーのための新しい品種「華麗舞」。
ジャポニカ米とインディカ米の特長を合わせもち、お米表面の粘り気が少ないため、塊にはならず、カレーのルーによく馴染むのが特徴。
パサパサ感がなく、もっちりとしたカレーによくあうお米。

おにぎりにあうこめかん(みずほの輝き/上越市)
上越市くびき平野で生まれた新品種「みずほの輝き」は、大粒でつややかな外観が特徴。
冷めても美味しいお米として、お弁当やおにぎりに最適との呼び声が高い。
蛍やトキなど昔ながらの生き物たちが生息するような、自然豊かな水田で作られた良質食味のお米。

未来のきらめき(コシヒカリ/南魚沼)
南魚沼の地形がもたらす「昼夜の寒暖差」、非常に強い粘土質で肥沃な「土壌」など南魚沼はおいしいお米の生育に最適な自然条件が全て揃う最高の環境。
そんな魚沼産の中でも最優良産地である「南魚沼」で作られたコシヒカリ。
香り豊かなお米は、粘り気、モチモチで甘味と風味が特徴。

(公式サイトより)

缶にしっかりと入っているので保存にも良さそうですよね

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です