フューチャー(4722)平成30年12月期決算発表【業績好調・増配】株主総会は、2019年3月26日予定


12月決算銘柄の本決算発表が始まりました。2019年2月6日に発表された『フューチャー(4722)』の平成30年12月期決算の状況をお伝えいたします。

フューチャー(4722)平成30年12月期決算(本決算)概要

今期連結会計年度(平成30年1月1日~平成30年12月31日)の連結業績は、
売上高40,218百万円(前連結会計年度比 10.9%増)
営業利益5,824百万円(前連結会計年度比 30.6%増)
親会社株主に帰属する当期純利益4,094百万円(前連結会計年度比 9.7%増)
となりました。

前回3か月前の第三四半期決算の時から好調でその流れのまま本決算を迎えた感じです。通期の業績予想を上方修正をしても良かった感じの内容でしたので個人的予想通りの結果となります。

 

配当金は、今期増配。来期は、記念配当

配当性向の目安に関しては、連結業績における配当性向を35%以上とする方針としておりますが、実質的に35パーセントです。よくある表現ですね

当期末の剰余金の配当は、17円となっています。配当予想は、『15円』だったので2円の増配となります。
既に実施済の中間配当を合わせた年間の配当金は1株当たり32円(連結配当性向34.9%)となる予定です。

来期の剰余金の配当は、1株当たり36円の普通配当を予定しています。また、2019年11月に創業30周年を迎えるため、1株当たり3円の記念配当を期末配当に追加する予定をしています。来期の年間配当は、普通配当と合わせて1株当たり39円(中間配当18円、期末配当21円)となる予定でです。

連続増配銘柄であり、記念配当が無くても連続増配となる銘柄です。

 

今後の見通し

来期平成31年12月期(2019年12月期)の連結業績は、
売上高43,500百万円(前連結会計年度比 8.2%増)
営業利益6,400百万円 (前連結会計年度比 9.9%増)
親会社株主に帰属する当期純利益4,355百万円(前連結会計年度比 6.4%増)
を見込んでおります。概ね好調なのでこのままの調子でいけば達成できるものと考えています。

 

株主総会と株主総会土産

株主総会の開催予定は、2019年3月26日火曜日となっています。開催場所は、例年、東京・恵比寿のウェスティンホテルです。お土産は、後日宅配の【こめかん】が例年通りです。どうなるかわかりませんけどね。

過去の株主総会の様子&株主総会お土産情報

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です