フジオフードシステム(2752)平成30年12月期決算発表【記念増配あり、しかし減益・・・】


2019年2月14日15時00分に発表された『フジオフードシステム(2752)の平成30年12月期決算の状況をお伝えいたします。

フジオフードシステム(2752)平成30年12月期決算(本決算)概要

今期連結会計年度(平成30年1月1日~平成30年12月31日)の連結業績は、
売上高は361億45百万円(前連結会計年度比0.6%増)
営業利益は22億59百万円(前連結会計年度比13.3%減)
経常利益は21億89百万円(前連結会計年度比12.9%減)
親会社株主に帰属する当期純利益9億11百万円(前連結会計年度比35.0%減)
となりました。

減益となった理由として最大震度6弱を記録した大阪府北部地震、更に記録的な暴風、高潮、大雨をもたらした台風21号及び台風24号など度重なる自然災害の影響により、店舗を集中的に展開している大阪府を中心とする関西エリアにおいて甚大な被害を受け、店舗の一時的な休業及び営業時間の短縮を余儀なくされました・・・とのことをあげたりしておりますがコスパの悪いCMに手を出したりしているので少々不安な側面があります。

配当金は、今期増配。来期も増配できるかな??

配当性向は、特に明記していなかったと思います。まぁ30パーセント程度で標準的だったと記憶しています。今回は、東証第一部上場記念配当2円を加えた通期22円配当となります。配当性向は、51.8パーセントとなっています。ただ例年に比べて記念配当を考慮しても少し高めとなっています。

来期は、20円配当で据え置きとなりますが配当性向は、45パーセントぐらいになるのかなぁと考えています。純資産配当率は、5.1パーセントです。

今後の見通し

来期平成31年12月期(2019年12月期)の連結業績は、
売上高401億円(前連結会計年度比10.9%増)
営業利益25億円(前連結会計年度比10.7%増)
経常利益24億20百万円(前連結会計年度比10.5%増)
親会社株主に帰属する当期純利益11億85百万円(前連結会計年度比29.9%増)
を見込んでいます。

今回だけちょっと自然災害があっただけなら・・・これぐらいに戻せるかなと思いますが【横ばい】という状態です。

外食産業共通の課題をどうクリアするかだと思います。
ただ、まいどおおきに食堂って高齢者が多いんですよね。他と少し事情が異なる部分がありますが対策は、必要ですね

株主総会と株主総会土産

株主総会の開催予定は、2019年3月27日水曜日となっています。開催場所は、例年、大阪・大阪商工会議所です。ただ、手狭になりつつあるのでそろそろ変更があるかも・・・。お土産は、『あり』です。そして株主懇談会もありです。

ただ、もし会場が変更となることがあれば会場変更を理由として懇談会が廃止となるかも・・・

↓社長が寿司を握っています。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です