ビックカメラ&東急の2018年株主優待について

2018年8月末決算銘柄より株主優待品等が続々と届いております。今日は、順番に2銘柄ご紹介いたします。

  • ビックカメラ(3048)
  • 東京急行電鉄(9005)

ビックカメラ(3048)の株主優待について

ビックカメラは、8月末決算銘柄であり、株主総会終了後に配当金と共に2018年11月17日土曜日に株主優待お買物券が届いておりました。長期優待も実施しており、1年以上で1000円追加、2年以上で2000円の追加となります。1単元100株で年間3000円分いただけ、長期優待で5000円分のお買物券がいただけます。

今回は、株主お買物券1000円分と長期優待株主お買物券2000円の合計3000円分届きました。

日本BS放送の株主優待で頂けるピッカカメラの商品券と異なり、株主優待のお買物券なので少し性質が異なります。ビックカメラの株主優待で頂けるこのお買物券は、現金扱いとなりません。もちろん、額面通りの金額の商品を購入することが出来ますがビックカメラで定番のポイント還元がありません。通常10パーセントのポイント還元があり、1000円の商品なら100円分のポイントが加算されますがそれがありません。金券ショップでこの株主優待のお買物券を現金で購入される方は、注意が必要ですね。額面的には、お得に買い物できてもポイント還元を考慮すると、金券ショップでの販売額の方が割高となってしまうケースも見受けられます。そして、有効期限があります。年に二回優待があり、有効期限は、約半年後となります。今回の有効期限は、2019年5月31日までです。また、お釣りが出ないのでご注意ください。商品券とことなる性質に注意してくださいね

 

東京急行電鉄(9005)の株主優待について

東急は、元々1000株単位での売買でしたが全体的な統一の流れに沿って1000株を500株となるように併合しましたたいけん単元は、100株ですが統一の流れに沿っただけなので株主優待は、以前の1000株現在の500株保有者には、以前同様の水準の株主優待が実施されています。

ということで株主優待の内容は、以前同様で年に二回冊子ときっぷ5枚頂きました。

きっぷは、5枚で1000円が基本です。冊子は、一般的にあまり価値無いものですが等級の場合は、美術館の入場券が入っており、その入場券目当てに冊子を求める人がいて500円から1000円程度で金券ショップにて売却可能です。一部の金券ショップでは、美術館以外の割引券も価値あるものとして取扱い1冊1200円から1500円で買い取ってくれることがあります。年に二回の優待の為、有効期限が約半年後の2019年5月31日までとなっております。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

日本BS放送&SFPの2018年株主優待について

2018年8月末決算銘柄より株主優待品等が続々と届いております。今日は、順番に2銘柄ご紹介いたします。

  • 日本BS放送(9414)
  • SFPホールディングス(3198)

日本BS放送(9414)の株主優待について

日本BS放送(9414)は、8月末本決算銘柄で株主総会終了後となる2018年11月15日木曜日に株主優待が届きました。日本BS放送は、BSの放送局の一つであり、テレビ放送局の株主優待となると、オリジナルクオカードや番組グッズなどが定番となりますが親会社がビックカメラということで株主優待は、ビックカメラグループで利用できる商品券となります。また、長期優待も実施しております。

株主優待として年に2回 1単元保有者に1回1000円分のビックカメラグループの商品券がいただけます。年に二回なので年間2000円分です。

長期優待は、年に1回で1000円分の追加となります。

通常は、1単元で年間2000円ですが長期優待で年間3000円となります。

こちらは、商品券であり、お買物券では、ありません。よって期限が無いのが特徴です。また、現金決済扱いとなりますので、ポイントの付与対象の決済となります。ビックカメラグループの場合、商品によって異なりますが概ね10パーセントのポイント還元があるのでちょっとした事ですが大きな違いとなります。

 

SFPホールディングス(3198)の株主優待について

SFPホールディングス(3198)は、クリエイトレストランツホールディングス傘下の飲食店でクリエイトレストランツホールディングスの株主優待券は、前日に届いており、SFPホールディングスからは、2018年11月16日金曜日に株主優待券が届いておりました。

年2回の優待があり、1回に1000円券を4枚4000円分いただけます。年間8000円分となります。有効期限が約6か月先の2019年5月31日までとなっているため、基本的に次が来る前に使用する必要があります。また、クリエイトレストランツホールディングス傘下でありますがクリエイトレストランツホールディングス傘下の飲食店では、利用することが出来ません。しかもクリエイトレストランツホールディングスの株主優待券と異なり1000円単位ということで少々注意が必要です。ランチタイムでも利用できますが概ねランチが1000円以下・・・。少し贅沢なランチを選ぶ必要があります

よく利用する店舗の一つが『餃子 いち五郎』です。お釣りが出ないように1000円となる組み合わせを選びます。(これ不思議な株主優待生活者の心理です。)

看板メニューでもある餃子定食が税込み850円です。これにからあげを一品追加すると150円なのでちょうど1000円となります。他にも豚の生姜焼き定食も850円なので組み合わせ可能です。

株主優待生活者向け1000円定食。平日ランチのみ

SFPホールディングスで多いのが磯丸水産です。こちらもなかなか1000円に届かず、1000円を少し超えるお刺身定食が定番の株主優待生活者メニューですね

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ   

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。